自主防災訓練にアマチュア無線家が参加

2月25日(日)午前に、枚方市内の香陽小学校区で自主防災訓練が行われ、枚方アマチュア無線クラブのメンバーの有志が、アマチュア無線を使った非常通信の要員として訓練に参加しました。


参加したメンバーは、
訓練現地に参加したメンバー:アマチュア無線のコールサインを持つメンバー8名
自宅等からモニターする形で支援:6名
基地局(JL3YCP)担当: 非常通信協議会会長
でした。

非常通信訓練は、9時頃基地局 ( 輝きプラザきらら無線室 ) から 144MHz帯FMの電波を使用し、
「香陽小学校区自主防災訓練参加に伴う非常通信訓練の実施」をアナウンス後、
現地参加のメンバーと順次交信する形で始まりました。

自主防災訓練実施中、随時現地参加各局と交信して、訓練会場の進展状況の報告を頂いたほか、
校庭各所での通信状況のテストも行いました。
このほか自宅等でモニタリングしている各局も電波を発信し、基地局や現地局との交信も行いました。

最後に現地局から自主防災訓練終了の報告を頂き、11時40頃基地局から
「香陽小学校区自主防災訓練参加に伴う非常通信訓練終了」をアナウンスして閉局しました

枚方アマチュア無線クラブと、枚方市アマチュア無線非常通信協議会は、これからも各地の防災訓練に積極的に参加してまいります。

フォローする